血流管理

・不定愁訴

 肩こりで悩んでいる。なんとなく調子が出ない。疲労感が
続いている。
病気とは言えないし、病院の検査でも数値に異常はないのに、
何となく不調だ、という人はいませんか?
 こういう「不定愁訴」的症状の人の多くは、血液が毛細
血管内を円滑に流れなくなっているのだと思われます。
いわゆる「血液ドロドロ」状態なのです。
 髪の毛の20分の1ほどの毛細血管は、およそ10万km
この小さな血管異常が徐々に積み重なってゆくと、
脳梗塞や心筋梗塞などの重大な血流異常へと発展して
ゆくのです。

・血液の流動性

 血液は主に、赤血球、白血球、血小板から成り立って
いますよね。赤血球や白血球が毛細血管を通る時は、形を
変えます。この変形能が低下したり、血小板の凝集作用が
高まったりすると、毛細血管内につまってしまうわけです。
 血液の流れを悪くする原因としては、栄養の偏り、
食べ過ぎ、不規則な生活、ストレスの蓄積、運動不足、
たばこの吸い過ぎなどが考えられます。生活習慣病に
年齢は関係ないみたいです。眠れないのも、胃が悪いのも、
血流に問題があるからのようです。


・やっぱり黒酢

 健康管理とは、血液の流動性の管理である。これ、
基本中の基本だと、よーく憶えておきましょう。
活性酸素が体をサビさせるのではなく、血流が悪くて
組織が壊れるからサビるのです。
 さて、血液をサラサラにする食品について書いておき
ましょうか。血小板の凝集能を弱めるのは、何といっても
黒酢。それと梅干、ニンニク、タマネギ、青背の魚。
赤血球の変形能を高めるのは、梅干、ソバ、ビール、
紅茶そしてやっぱり黒酢。米酢の10〜20倍のアミノ酸や
有機酸を含む黒酢はすごいんです。それと、適度な
有酸素運動を忘れずにね。

posted by 亀松亭 at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康コラム   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。