クリスタル・メディテーション

 水晶(クリスタル)は、ギリシャ語で「氷」を
意味するクリスタロスが語源です。成分は二酸化
ケイ素。六角柱で石英の純粋結晶です。
 古代エジプト・マヤ・インド・チベットなどの
人々は、クリスタルの神秘的なパワーをよく知って
いて、瞑想による人間の潜在能力の開発や、精神や
感情を原因とする病気の治療によく利用していまし
た。
 クリスタルなどのパワーストーンを身につけると、
石のエネルギーと人間のオーラ(ヒューマンエネルギー
フィールド)が共鳴して混じりあい、ネガティブな思考
や感情的ストレスを緩和したり、除去してくれると
いうわけです。
 アメジスト(紫水晶)は「魂の石」と呼ばれ、紫の
光線を放ちます。瞑想に用いるのに最高の石とされて
います。このアメジスト、ローズクォーツ(紅水晶)
と仲の良い友人だそうです。
 ローズクォーツは穏やかなピンク色の石で、西洋
ではアフロディーテの石とも言われる愛と美の結晶
です。日本では「撫子(なでしこ)色の石」として
親しまれてきました。

 人は体のさまざまな部分に、特定のタイプの感情的
ストレスをため込むと言われています。心臓や肺には
「悲しみや嘆き」を。肝臓には「怒り」を、胃には
「心配や恐怖」を。
 アメジストは「恐れる事は何もありません」と語り
かけ、ローズクォーツは「悲しみを優しく包みこんで
くれます。静かに仰向けに寝て、アメジストを額の中央
(サードアイ)に、ローズクォーツを胸の中央に置き、石の
パワーを感じてみてください。曇ったオーラが浄化されて
ゆくはずです。
 使用した石を浄化するには、少なくとも3時間、自然塩
で覆うのが良いでしょう。時には日光浴も忘れずに。

posted by 亀松亭 at 11:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康コラム   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。